手を伸ばして 掴んだ未来

元々はただV・ファーレンのホーム最終戦を見に行くつもりだったのです。できれば毎年1回は古部くんが所属するチームのホームゲームには行きたくて、後半戦のスケジュールが確定し「ナイトゲームじゃもう一泊しなきゃだよ…(ヽ´ω`)」となりながら飛行機の予約をしたのが9月1日のこと。この時は当然こんな展開は予想だにしていませんでした。
(まぁしかし9月3日の時点で自動昇格を口にしていたりはするんです。一笑に付されたけど)

長崎入りすると、以前(2年前まで)とは違った空気を感じました。
あちこちに立つV・ファーレンののぼり、駅ビルの東急ハンズにあるV・ファーレングッズコーナー、長崎バスの窓に貼ってある応援バスツアーの広告、高田社長が登場してスタジアムへ来場を呼びかけるTVCM、朝の情報番組のV・ファーレンコーナーなどなど。
長崎市内ではまだまだ物足りなさもあるものの、露出度が明らかに変わっていました。

試合当日。開門に間に合うくらいのタイミングでスタジアムに着いたところ、メインスタンドの入場待機列が何十メートルも延々と続いている様子を見て、思わず口がポカーンと…(笑)これまでせいぜい数十人程度の列だったと思うのですが…明らかに数百人はいそうな列!とりあえず慌てて最後尾へ。

そして列に並んでいる間に他チームの結果をチェックすると、福岡が引き分けで、名古屋が負け。
実は前日なんとなくフッと降りてきた予想は福岡は0-0か1-1
名古屋は点は取るけど負ける
でした。
福岡は見事に1-1、名古屋は無得点だったけど負け。最近この手の予感が妙に当たるんですよねぇ。ちょっと怖いくらい( ̄▽ ̄;)
そんなわけで結果を見ても特に驚きとか高まりはなくて、「…来たな」くらいの感じでした(笑)

入場待機列が捌けるのは早くて、開門から20分かからず入場はできました。しかし席がない\(^o^)/1人だしどこか潜り込めるだろうと高を括っていたけど、隙間もない笑
ようやく1席だけ見つけて抑えたけど、その後以前お会いしたフォロワーさんに声をかけていただき、お隣へ入れていただけることになりました。ありがたや(>人<;)

スタジアムの外の選手会オークションブースをたまたま通りかかったタイミングで何やら出品物についてトークするお仕事中の古部くんに遭遇したので、ニヤニヤ激写してきました。他チームの試合結果は知ってるのかとか、チームの雰囲気はどうかとかも聞かれてたかな。メンバー外なんで結果は知ってます、ベンチ入りメンバーはどうかわからないけどと言っていたけど、結局みんな知っていたようですね。
トークが終わるとスタッフさんがつくでもなくふらっと帰っていこうとしていたのでほんのちょっとだけ声をかけられました。(まぁ本当に声かけただけくらいの感じだったけども)

スタンドに戻って初めましてのフォロワーさんにご挨拶していたらもう選手が出て来る時間になり、あっという間に試合開始でした。
ゴール裏を見るとめいっぱいぎっしり埋まっていてびっくり。

メインスタンドもバックスタンドも同じくぎっしり。残るはアウェイ側ゴール裏に拡げたホームエリアのみだったけど、ここも試合が始まる頃には埋まってました。ホーム側の観客だけでここまでいっぱいになるとは…!
こんなトラスタ見たことないヽ(;▽;)ノとこの時点で既にウルウル来ているわけです←
巨大幕Mi Vidaからもはみ出すサポーター。

今節はエンド変更はなしで試合が始まりました。(試合の盛り上がり的にそれで良かったと思います)先制点は大知が身体で押し込んだ形で、遠いサイドのゴール前なのであまりよく見えずだったのでした。でも早い時間帯に先制したことで盛り上がったし、安心感もありました。

ハーフタイムにいったん外に出て戻ったらスタンドの最後列の後ろに二重三重に立ち見が出ていて、席に戻る入口を見つけるのにちょっと難儀しました。そりゃ収容人数以上の観客数にもなるってもんですよ。

後半失点したけれど、その後に待っていたドラマがまた泣かせる。前ちゃんのゴールで勝ち越すとは、本当に出来過ぎ!としか言いようがない展開でした。
エンド変更しなかったおかげで、サポーター側で点が入ったし、ベンチからも近かったし、もはや全てが計算されているかのようでしたよしかし。

そして終盤の聖のダメ押しゴール!
勝利が確信できた瞬間だった!けどあまりにテンションが上がりすぎて誰のゴールだか覚えてなかったんだけど、写真を見たらしっかり一番喜んでるのは聖でしたね(笑)
そしてタイムアップの笛と同時にピッチになだれ込むベンチ外メンバーたち。
いやいやまだ挨拶終わってないからね!ちゃんと並んでね!と気をもむくらいに、入り乱れてました(笑)

そしてビジョンに映し出される祝J1昇格!
ホームの22,000人を超える人たちが見守るこの雰囲気の中自動昇格を決められて本当に良かった。きっと集まった人たちは、どこか遠くのスタジアムで昇格が決まるより、目の前で決まった方がより体験として忘れないと思うもの。
DAZNさん作と思われる祝福の映像もビジョンで流れました。これカッコ良かったのでどこかで見られないものかしら。
ほどなくしてセレモニーが始まりました。
セレモニー中延々と流れるFUNKISTのV-ROADに涙腺が刺激されまくりでした。今季のV・ファーレンの快進撃の理由の1つに入れて欲しい曲ですよ、これ。
ヒーローの肩に偉そうに腕を回す志有人。
宙を舞う高木監督。
と同じく宙を舞う高田社長。
なぜか飛び跳ねる杉様と嬉しそうな古部くん。
そこかしこで行われる記念撮影。
こっちは家族写真かという。
父ちゃんは泣いちゃった娘ちゃんを頑張ってあやしてました。今度は娘ちゃんとピッチに入場してくるところが見たいですよ!!

これまで金沢のJFL昇格、長崎のJ2昇格(確定は翌日だったので、決め手となった勝利というべきか)を目の前で見て、今度はJ1昇格も。昇格見届け人ですなこりゃ(笑)
前の2回とは違って古部くんがそのピッチに立っていなかったのが残念だけど、そこそこ長い期間見続けて来てとても好きなチームになったので、単純に嬉しかったです。

興奮冷めやらぬままに何日も過ごして、ようやく重い腰を上げたらなんだか淡々としてしまったけれど、相当興奮してました本当に!

今シーズンについて色々と分析したいことはあるけどこれ以上長くなるのもどうかと思うので(笑)、書く気になったらまたその時に。

2017.11.11 sut.
V・ファーレン長崎-カマタマーレ讃岐 3-1☆
乾大知
前田悠佑
翁長聖
@トランスコスモススタジアム

+WEC+

とりとめもなく好きなサッカーの話などなど。 勇蔵とか古部とか猛蹴とかそんな感じがお好きな方お付き合いください。

0コメント

  • 1000 / 1000