ルヴァン始まり、そして勇蔵さん。・゚・(ノД`)・゚・。

それにしてもなぜ試合日に真冬日ばかり当ててくるのか。嫌がらせですか…。
寒くてユニ着る気にもなれない間に、勇蔵さんがあんなことに。(たぶんしばらくかかるよねこれ)
勇蔵さんに関しては、次でいいやって言ってたら見られない可能性があるから出ると思われる試合には行っておかねばと小平のTRMにも頑張って行ったわけですが、ええやっぱりね。っていうか流石に早すぎますけど!
19時前に横浜駅に着く行程でキックオフには余裕で間に合うと思っていたのに、道路混雑やらでニッパツに着いたら試合が始まってたので、動いてる勇蔵さんは見たけど、ボール触ってるところは見てない気がする🤔
キャプテンマークにすら気がつかなかった\(^o^)/

まぁいったん治療してベンチにおさまって試合見てたのでちょいちょい観察してましたけど。外出て来たらベンチが満席で座るところがなくて、コーチングスタッフの横に入れてもらってたり、他の人(選手?)のコートを膝掛けがわりにしてて、どれだけ寒いのあかんねん\(^o^)/と思ったり、それなりにかわいかったんですけど!それ見に来たわけじゃないんですよ!

ということで代わって入った金井くんが良かったですね!イキイキしてた!ライン高く取って、相手をいなして、カバーリングのセンスでピンチを救って。
この戦術ならCBというCBがいなくても良いのではとすら。(最後尾のCBは飯倉さんだし←)

やけくそじゃないけど前半は相変わらずのラインの高さに「楽しすぎるー!どんどん上がれー!」とケタケタ笑ってました。
飯倉さんがタッチライン外のボトルの水飲んでたのも面白すぎるよ。

しかし後半にやはり失速するのですね。
だんだん飯倉さんも下がって普通な感じになって行ってたし。
前半こっち側にいないのに後半もこっち側に来ないとか。(そりゃベンチに目が行こうというものです)
結局1得点だけで勝てたのは、守備連携の良さと相手のイマイチさに助けられた感があるけど、飯倉さんもあっちこっち躍動してたし複数得点は必須では。
後半の維持力と最後のところで決め切る力、その手前のアイディアってところはリーグ戦のチーム同様かな。
後半唯一撮れたFKのシーン
三ツ沢夜は停まってる人しか撮れません

引っ込んだすぐ後の勇蔵さん
治療して出て来たら席がなかったところ
コーチングスタッフの隣に入れてもらった
この配置なんかずるくないですか(隣でシゲさんが立ってるのが←)

円陣後早々にトリパラを奪いつつとっとと閉じる金井くん
ゴール裏からの金井コールに応える金井くんと、トリパラ掲げる出来た後輩のプリンス山田くん

1人で挨拶に来られたボス
(顔のはっきりした人はわたしのカメラではピンボケします←)


2018.3.7 wed.
横浜F・マリノス-FC東京
1-0 ☆
@ニッパツ三ツ沢球技場

+WEC+

とりとめもなく好きなサッカーの話などなど。 勇蔵とか古部とか猛蹴とかそんな感じがお好きな方お付き合いください。

0コメント

  • 1000 / 1000