若さがまぶしかった清水戦

ナビスコ杯清水戦、若いスタメン選手の頑張りが目立ちました。調べてみると、スタメンの平均年齢は24.6歳。(吉田さん、河合くん、オオシあたりが若干引き上げていますが…)GKを入れたディフェンダーの平均年齢は23歳。マリノスにしては、かなり低いと思われます。中でも目に留まったのは、裕介くん。前に後ろに運動量も豊富、上がるタイミングも抜群。仕掛ける勇気もガッツもある。クレバーでもあるんだろうなぁ。毎試合使い続ければ、どんどん成長するんじゃないでしょうか。今後楽しみな選手です。楽しみといえば、山瀬兄弟の共演。不仲説がささやかれる(?)二人に連携はあるのか!・・・ありました。素敵すぎ。フリーキックのときは何喋ってたのかな。でもそれ以上に、キレイなパスがポーンと弟から兄に出ましたね。この二人が一緒にプレーするところももっと見たいですね。吉田さんや幸宏はさすがに最後の方はバテてる感じがしたけど・・・みんな最後まで集中は切らしてなかったようだし(失点シーンは、ジャッジへの抗議からの切り替えが遅かったのね。そこは若さゆえ)、これからが楽しみです。ナビスコ杯予選という中で見れば、1分1敗は決して良くはない結果ですが、1年を通して見れば、開幕5試合目で光明が見えたことは悪くない。選手は、監督のことはさておき「考えるサッカー」をみんなでやればいいんです。5試合目にして、そこに気づいたんじゃないかしら(笑)今年は大いに選手の成長を期待できるよ!
清水戦のイケメン
左サイドに定着して欲しい裕介
お兄さんたちがいなくても頼もしかった勇蔵

+WEC+

とりとめもなく好きなサッカーの話などなど。 勇蔵とか古部とか猛蹴とかそんな感じがお好きな方お付き合いください。

0コメント

  • 1000 / 1000