こ、これは・・・

たまにはマリノス以外のエントリも上げてみよう。というのもYahoo!トップにこんなニュースを見てしまったから。ホンダ「8耐」撤退 新車低迷受けて ホンダが世界景気の悪化に伴う新車販売の低迷を受け、今年から世界最高峰の二輪車レース「モトGP」を除くすべての二輪車レースから撤退・縮小する方向で調整に入ったことが22日、分かった。国内最大規模を誇る「鈴鹿8時間耐久レース(8耐)」も含まれる。すでに開発・運営費の負担を理由に自動車レースの最高峰「F1世界選手権」からの撤退を発表しており、新たに二輪レースの大幅縮小を決めたことで、国内外の二輪メーカーにも大きな影響を与えそうだ。週明けにも発表する。 ホンダはモータースポーツ活動全体について縮小させる方針で、平成21年のレース関連予算は前年比で半減させる意向。今回、大部分の二輪レースで「ワークス」と呼ばれるメーカー参戦チームを撤退させる。量産車ベースのレース用車両の供給や支援などは継続する方向だ。ホンダが活動を続けるモータースポーツはモトGPと、米国などで開催される「インディカー・シリーズ」など一部の四輪レースのみとなる見通し。 ホンダはモトGP以外の二輪レースとして、8耐のほか、足を着かずに難コースを走り抜く「トライアルレース」、オフロードのコースを走る「モトクロス」など年間10以上のレースに参戦。モトGPを除く全二輪レースからの撤退を正式に決めれば、コスト削減効果は約30億円程度に上りそうだ。 ホンダは昭和34年にモトGPに参戦以来、通算623勝をあげるなど歴史・実績ともF1を上回るとされる。モトGPまで撤退すれば、「商品開発や販売にも直接的な影響が出る」(関係者)ため継続する。 自動車同様、二輪車も新車販売不振の影響を受けており、モトGPをめぐっては川崎重工業が参戦休止を発表している。1月23日1時34分配信 産経新聞やはりどこも不況なのですね・・・。二輪ではホンダ好きなので、もったいないと思う反面、8耐は結局一度も見に行けないままもうお気に入りのライダーもいないという状態なので何も言えん。これからはプライベートチームばっかりになるのかな。でもプライベーターはプライベーターで今以上に苦しくなるような・・・。しかし撤退の理由はモータースポーツの人気低迷というよりは、新車の売れ行きの問題なんですよね?まぁ乗らないで見るだけなんていう私のような奇特な人はそうそういない世界のようではあるので、乗る人・買う人が減った=人気低迷ってことにもなるのかもしれないですが。ミニバイとかポケバイとか、子供たちや若い世代も結構頑張ってる世界なので、トップカテゴリがもう少し踏ん張ってくれないと厳しい気もします。そして、マスコミがスポーツ界の不祥事やワイドショーネタになるようなところだけに飛びついてないで、もっと広くいろんなスポーツを(それこそ不祥事とか関係ないところで一生懸命頑張ってるような人たちを)取り上げてくれたら良いのになぁと思います。

+WEC+

とりとめもなく好きなサッカーの話などなど。 勇蔵とか古部とか猛蹴とかそんな感じがお好きな方お付き合いください。

0コメント

  • 1000 / 1000