せっかくなので記録

大騒ぎした挙句に、試合が始まる前には召集を見送られていた模様ですが…取り急ぎ、話題になった記念に記録しておきます。勇蔵キャプテンマークの話はまた別途熱く語りたいと。
 横浜DF栗原勇蔵(24)が、26日のW杯予選バーレーン戦に向けた日本代表にリストアップされたことが22日、分かった。21日にDF水本が背筋痛を抱え、MF稲本が右太もも肉離れで代表を辞退したことで、代表スタッフから横浜へ「招集」の連絡が入った。招集されれば、オシム監督時代の06年8月9日トリニダード・トバゴ戦以来の代表復帰、23日ナビスコ杯大宮戦(NACK)に出場後、出発することになる。 サッカー界の「ハマの番長」が、ついに代表に戻ってくる。栗原は03~06年まで横浜で師事した岡田監督によって、W杯3次予選最大のヤマ場になるバーレーン戦に追加招集。今季はJ開幕戦で浦和FW高原を完封するなど絶好調だ。 21日に水本の背筋痛を受け、岡田監督は「(無理なら)追加招集しないといけない」と話していた。水本が回復しないと、センターバックを本職とする選手は中沢だけとなってしまう。そこで国内屈指の速さと高さを持つ栗原が、かつての恩師のメガネに留まるのは、必然といえる。 誰が相手でも気後れしない武闘派が、岡田ジャパンには必要だった。2月の東アジア選手権中国戦では、相手のラフプレーに悩まされた末に、MF鈴木が相手選手にのど輪を食らった。同監督はこの場面について「誰も助けにいかないというのはねえ。僕が選手でピッチにいたら、行ってますね」。誰も「応戦」せず、鈴木を「孤立」させてしまったほかの選手の闘争心不足を指摘していた。 武勇伝に事欠かない栗原なら、岡田監督に物足りない思いはさせない。04年親善試合レジーナ戦では、MFモザルトにひじ打ちで鼻を折られると、大流血おかまいなしに相手に詰め寄り、味方数人がかりで制止された。浦和FWワシントンを「ロサンゼルス」呼ばわりで挑発したことも。新日本プロレスの闘魂三銃士をこよなく愛し、横浜では同僚に“入魂ビンタ”を見舞うのが、大一番の恒例行事。勢い余って、DF松田を脳振とう寸前に追い込んだこともある。 もちろん、実力も折り紙つき。昨年のバルセロナとの親善試合では、FWエトーを追って後方から猛ダッシュ。完全に抜き去ってパスカットした。バーレーンには、国籍取得で代表入りしたナイジェリア人FWジョンもいる。栗原はマーク役にはうってつけだ。横浜ではDF中沢と3バックを組んでおり、連係に問題はない。実力と闘志を兼ね備えたケンカ番長が、バーレーンとの対決に「緊急参戦」することになる。
3月23日10時7分配信 日刊スポーツ
 日本代表が23日、横浜DF栗原勇蔵(24)の追加招集をキャンセルした。背筋痛を抱えるDF水本がプレーできない時を想定し、岡田監督がリストアップ。20日夜には横浜に中東遠征合流への準備要請が届いていた。だが22日の練習で水本のプレーにメドが立ったため、栗原招集を見送った。 栗原はこの日、「見送られたことは今朝聞いた。あまり気にしなかったけど」と話した。ナビスコ杯大宮戦後に直接中東に飛ぶことを考え、パスポートも移動用のスーツも持参していただけに、残念そうな表情は隠せない。それでも気持ちを切り替え、試合では大宮を完封。「今後選ばれるかは、自分が頑張るかどうかの問題になった。今回のことで、プレーを見ていてくれるのは分かったから」と前向きに話した。
3月24日10時20分配信 日刊スポーツ
うちらが昨日大宮で盛り上がってた頃には、もうキャンセルされてたのねー・・・ (´・ω・`) ま、でも前向きにやってれば、また呼ばれるときが来るよ。今度は代役でなくて、「おまえの力が必要だ」ってね。とりあえずは、鹿をやっつけてください。

+WEC+

とりとめもなく好きなサッカーの話などなど。 勇蔵とか古部とか猛蹴とかそんな感じがお好きな方お付き合いください。

0コメント

  • 1000 / 1000