ネタ記事が増えております

ということで、せっかくなので、やっぱり残しておこう。裕介ちゃんと銭湯に行く話は、ほのぼのしてて微笑ましいなぁ。(しかしナゼ「せんとう」を変換したら真っ先に「戦等」と出るか)
 横浜DF栗原が鹿島撃破と日本代表・岡田監督へのアピールを誓った。「岡田監督が来るの?頑張るよ」。岡田監督が「オレ流」を前面に押し出すことを明言したことで、横浜時代の教え子である大型DFにとっては代表復帰のチャンスとなる。3バックを形成するDF田中裕と試合2日前に銭湯に行き、交代浴などをしながら守備の連係について話し合うのが恒例行事。「2日前に風呂に行くと負けないんだよね」と自信を見せていた。
スポニチ 2008年03月30日付 紙面記事
 リーグ戦全勝対決となる鹿島戦(30日)を前に、横浜MのDF栗原勇蔵(24)が25日、鹿島の日本代表FW田代有三(25)に対し、“ガチンコ空中戦対決”を宣言した。 28日の紅白戦では、仮想鹿島を個々に見立てて対策を立てた。その中で栗原が注目するのは、強力なヘッドを武器に岡田ジャパン入りした田代。田代には電柱を相手に空中戦を訓練した逸話があるが、栗原は「電柱に勝てるわけないじゃん」と一蹴(いっしゅう)。これまでJで対戦した中で脅威に思った選手は「ヨンセン(名古屋)しかいない」と日本人ポストプレーヤーを切り捨てた。 田代には垂直跳び80センチのジャンプ力があるが、栗原は「空中戦はジャンプだけじゃなくて体の強さが大きい。でも、相当跳ぶみたいだから、試合ではガチンコで何回勝てるか勝負してみるよ」と余裕の笑みを浮かべた。 高い身体能力に加え、最近は安定感も増し、オシム監督に続き、岡田監督もバーレーン戦で追加招集を検討したほど。くしくも同じ「ユウゾウ」対決が、序盤の鍵を握る首位決戦を左右しそうだ。 (荒川敬則)
東京中日スポーツ 2008年3月29日 紙面から
 国内最高ヘディング決定戦は、オレが制する! 横浜DF栗原勇蔵(24)が28日、鹿島FW田代との「ガチンコヘディング勝負」をぶち上げた。8日浦和戦では、浦和FW闘莉王のはるか頭上でクロスをクリアするなど、ヘディングの高さはJ屈指。「苦手なのは名古屋のヨンセンくらいかな」。番長キャラの栗原にとって、最悪の相性とも言える元警察官FWをのぞけば、国内に強敵はいなかった。 そんな栗原の前に現れたのが、日本代表入りも果たした田代。垂直飛び推定80センチの跳躍力を「あの人は高い。落下点よりずっと手前で飛ぶから、普通に構えてると競ることもできない」と認めた。さらには闘争心をかきたてられたのか「同じユウゾウだし、負けらんないか。鹿島戦では何回勝てるかやってみるよ」と挑戦状をたたきつけた。 強敵相手でこそ燃えるのが栗原だ。昨年のバルセロナとの親善試合では、カメルーン代表FWエトーにも走り勝った。並外れた身体能力が、田代相手に再び爆発することは確実。路上の電柱と競り合うことで、ヘディングを磨いたという田代の逸話を「電柱相手に勝てるわけねーじゃん」と一蹴するなど、気分もすでに戦闘モード。30日、鹿嶋市上空で屈強男2人が火花を散らす空中戦が、今季無敗同士の天王山の行方も決める。【塩畑大輔】
日刊スポーツ 2008年3月29日10時9分 紙面から
おまけでこちらも。私も、鹿島であの得点を見た時には「小宮山ゾーンだわ!」と思ったので。(ジョンファンゾーンとまったく反対側からだからね。思わず連想しますって)
 横浜DF小宮山が2戦連続得点で「小宮山ゾーン」を確立させる。1-2で敗れた30日鹿島戦では、左サイドから中央にドリブルで切り込んでのシュートで、一時は試合を振り出しに戻すゴールを決めた。8日の浦和戦でも同様の決勝弾を決めており、関係者からは「あそこは小宮山ゾーン」との声も高まってきた。 小宮山本人は「そう言えるのは、次に決めてからでしょ」とニヤリ。「惜しい負けだったからこそ、次の東京戦をどう戦うかが大事」と4月2日東京戦へ気持ちを切り替えていた。
日刊スポーツ 2008年3月31日20時2分

+WEC+

とりとめもなく好きなサッカーの話などなど。 勇蔵とか古部とか猛蹴とかそんな感じがお好きな方お付き合いください。

0コメント

  • 1000 / 1000