大分遠征記 2日目

日付が変わる前にさっさと寝て、2日目は7時半集合。ホテル1Fのインターネットコーナーで、Youtubeにアップされていた昨日の試合の映像を見てから出発w
特急ゆふに乗って湯布院へ。ゆふは赤いボディで3両編成のかわいい電車。思わずホームに入ってくる電車を鉄子さんのように激写。
ゆふいんの森号というリゾート列車のメンテ期間に走る代替車両だそうですが、それでも窓枠やテーブルや荷物置きが木だったりして、普通の特急というにはオシャレでした。窓の外に雄大な景色を見ながら、KIOSKで買ったとりめしのおにぎりと関あじ・いわしのお寿司で朝ごはん。
湯布院には9時過ぎに到着。駅には足湯があります。
金鱗湖に向かってのんびり歩いていたら、人が増えてきました。金鱗湖にはもう朝もやもなく、普通の湖(というより池っぽい)でした。すぐ近くの亀の井別荘のショップ「鍵屋」を覗いて(すすめてもらったカフェ「天井桟敷」には時間の関係で寄れず)、来た道を戻りました。
途中「ことことや」というジャム屋さんでジャムを味見しながら購入。あまりの美味しさに、キウイジャムと夏みかんマーマレードと野苺の3種類も買ってしまいました・・・。重い・・・。
タクシーを拾って、コバルトブルーの露天風呂がある「庄屋の館」へ。入り口には兵馬俑の兵隊像とかがある怪しいところでしたが・・・お風呂はお肌がつるつるになりそうな、ほんとにコバルトブルー(すくうと透明なんだけど)で、山も見える気持ちよいお風呂でした。でも熱くて、入った途端に眠くなるし、長い間は入っていられなかったけど。
お風呂を出てからまたタクシーで山荘 無量塔(むらた)プロデュースのお蕎麦屋さん「不生庵」へ。人手が少ないみたいで手際悪かったけど、いただいたお蕎麦も蕎麦湯も美味しかったです。あったかいお蕎麦も食べてみたかった。さらにタクシーで、ロールケーキで有名なB-Speakへ。予約を入れておいたロールケーキをゲットして、湯布院散策も終了。本を買っておいた割には行き当たりばったりだったけど、それなりに楽しかったです。やっぱり湯布院にお泊りしてゆったり過ごすのが一番いい場所なんだなぁとは思いましたが。(お風呂やカフェは夕方帰るのだとスケジュールが厳しすぎる)2日間とも朝が早かったので疲れましたが、観光気分を充分堪能できて楽しかったです!

+WEC+

とりとめもなく好きなサッカーの話などなど。 勇蔵とか古部とか猛蹴とかそんな感じがお好きな方お付き合いください。

0コメント

  • 1000 / 1000